Laravel5.1で、エラーが起きたら画面に表示させずに、トップ画面に戻す方法

Laravel5.1で、エラーが起きたら画面に表示させずに、トップ画面に戻す方法

開発中は良いけど、本番リリースした後に出るのは、よろしくないのでエラーハンドリングしましょう。
と言っても、laravelでは簡単でエラーが起きたらapp/Exceptions/Handler.phpのrender()が呼び出される。
なので、そこに行いたいエラーハンドリングを追加するだけ


laravelのログ出力(storage/logs/laravel.log)の処理は、すぐ近くで行われている。


参考URL:
https://readouble.com/laravel/5.1/ja/errors.html