非ゲーマーから見たゲームマーケット

桜川マキシム「ボードゲームやカードゲーム、TRPGなんかの展示即売イベント“ゲームマーケット2012大阪”に行って来ましたよの回。 」
というポッドキャスト
http://sgmx.info/2012/04/322.html

なかなか興味深い意見が多かった。
1,ゲームの内容の良さに対して、宣伝が足らない。
2,初心者に不親切
3,男ばっか
4,交流していない
まあ、全体的に言いたい事は理解できるんですけどね(^_^;)

1,ゲームの内容の良さに対して、宣伝が足らない。
基本的な客層が
「事前にカタログを買って、Webでチェックして(下手したら予約して)きている」
「売っているものが数千円もするので、ボドゲに興味のない人がフラッと来て買う可能性は、ほとんどない」

個人で同人ゲーム作っている人は、基本的に商売ッ気がない(というか、採算的には赤字だったりする)
なので、そこまで販売促進は行わない。余裕がないとも言える。
(中にはバーコードを取得して、一般流通まで頑張る人もいる)

2,初心者に不親切
ラジオ主が考えるレベルって、コンビニや本屋みたいに、不特定多数が初めて利用しても問題ないレベルなんだよね…。
年に1~2回しか参加しない個人サークルに、そこまで求めるのは酷かと。
そもそも入場料が800円の時点で、予備知識のない人がフラッと来る感じではない?

3,男ばっか
これは、どうしようもない(苦笑)
確かに男女半々とかでプレイが理想的だけど、現実は圧倒的に男性ばかりだからな~。
客引き的なために女性を配置するのは、さすがにちょっと(^_^;)

4,交流していない
「交流」ってのも難しい問題だな~。
極端な話で言えば、個人が作成したゲームを「目の前で買う」って行為自体も交流とも言える気がする。

ただ、ラジオ主が考える「交流」って、知らない個人同士が自己紹介し合って、友達の輪を広げて行くってイメージなのね。
そういった意味では、アナログゲームファンは恥ずかしがり屋さんが多いのです(^_^;)
なので、後でtwitterとかで交流したりもしてたりする?

結論:
なんのかんの言って、こういった意見は貴重なので、聞けて楽しかった(^_^)/
願望(客観的な意見)としては理解できるけど
現実(参加者の背景)としては、実現は難しいよね~。と思いました。

ボドゲファンは、世間的にボドゲを「なでしこジャパン」や「AKB48」並に受け入れて欲しいのか?と言うと、少々疑問な気もする。
ひっそりと愛好者同士でやっていたい、「俺達の」的な部分はあるよな~と。

PS:
アナログゲームで女の子と仲良くなりたいなら、アナログゲームに力を入れている(ダーツ)バーなんかがオススメですね(^_^)/

“非ゲーマーから見たゲームマーケット” への2件の返信

  1. 通りすがりで申し訳ない。
    1と3は仕方がないけど、2は時々感じます。
    このゲームは幾らなのか?値札が無かったり、
    どういうゲームなのか説明が無かったり。
    4に関しては、難しいけど客側から
    「これは、どういうゲームですか?」
    と、聞かれて答えられない作者が時々居ます。
    後は、売る側も、買う人によって自分のゲームを
    薦めて良いのか考えるために、買う人と会話して
    交流を深めるなどができると思います。
    以上、勝手な言い分かもしれませんが、
    参考にして頂けると幸いです。

  2. いえいえ、勝手な言い分ではないと思いますよ。
    ただ、それらは、おそらく、初対面の他人と会話する機会が少ないor苦手な人なんだと思います。
    なので、ゲームマーケットでいきなり沢山の人と会話する事に対応できないのではないのかな?(少々、好意的に解釈しすぎ?)
    出来る人には当たり前にできるので、なかなか噛みあわなかったり(^_^;)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。