laravelのhasmanyで、年月日でgroup byして、その日の最新のレコードだけ欲しい。

laravelのhasmanyで、年月日でgroup byして、その日の最新のレコードだけ欲しい。

こういうややこしいのは、SQL文の方が楽だな~。 [c 続きを読む laravelのhasmanyで、年月日でgroup byして、その日の最新のレコードだけ欲しい。

リレーション先カラムで検索する時にWhereHasだと遅いので、joinで結合したらpaginateがおかしくなったので、親テーブルの主キーでgroupbyする

リレーション先カラムで検索する時にWhereHasだと遅いので、joinで結合したらpaginateがおかしくなったので、親テーブルの主キーでgroupbyする [crayon-63e4ab050bf8136888249 続きを読む リレーション先カラムで検索する時にWhereHasだと遅いので、joinで結合したらpaginateがおかしくなったので、親テーブルの主キーでgroupbyする

lightsailのlampスタックに、laravel9をインストールしようとしたら、最低php8が必要なのでインストール出来ない!しょうがない、ubuntu20にlampスタックをインストールするか…。

lightsailのlampスタックに、laravel9をインストールしようとしたら、最低php8が必要なのでインストール出来ない!しょうがない、ubuntu20にlampスタックをインストールするか…。 OSだけインス 続きを読む lightsailのlampスタックに、laravel9をインストールしようとしたら、最低php8が必要なのでインストール出来ない!しょうがない、ubuntu20にlampスタックをインストールするか…。

laravelからs3にアップロードした時のURLを、cloudflontで同じドメインにしている場合は、.envの AWS_URL=https://www.example.com を追記すれば、取得するURLをドメイン付きで返してくれる

laravelからs3にアップロードした時のURLを、cloudflontで同じドメインにしている場合は、.envの AWS_URL=https://www.example.com を追記すれば、取得するURLをドメイン 続きを読む laravelからs3にアップロードした時のURLを、cloudflontで同じドメインにしている場合は、.envの AWS_URL=https://www.example.com を追記すれば、取得するURLをドメイン付きで返してくれる

laravel8で、attachする多対多の中間テーブルの存在validationチェックするにはRule::unique(中間テーブル名)を使う。detachはRule::exist(中間テーブル名)

laravel8で、attachする多対多の中間テーブルの存在validationチェックするにはRule::unique(中間テーブル名)を使う。detachはRule::exist(中間テーブル名) 1. すでにある 続きを読む laravel8で、attachする多対多の中間テーブルの存在validationチェックするにはRule::unique(中間テーブル名)を使う。detachはRule::exist(中間テーブル名)