息子が生後100日になったので「お食い初め」をやってみました。

息子が生後100日になったので「お食い初め」をやってみました。

「お食い初め」とは?
一生食べ物に困らないように、と生後百日目に食べさせるマネをする儀式

お食い初めのメニュー
1、お赤飯
2、ハマグリのお吸い物
3、鯛の尾頭付き
4、野菜の炊き合わせ(里芋、人参、カブ、シイタケ、アスパラ、昆布)
5、鴨スモーク&小松菜

近くのスーパーで、お赤飯セット(もち米2合、小豆、水)があったので炊飯器で作る。
鯛も一匹150円と格安だったので二匹買って、ウロコ取って塩して、魚焼きグリルで塩焼きに〜。
ハマグリも6個で131円、昆布でダシとって、塩で味を整えて、お吸い物にする。
野菜の炊き合わせは、里芋・人参・カブは電子レンジで下処理。
後は干し椎茸&昆布&白だし&酒&みりん&砂糖で煮汁を作って、炊き合わせる。
鴨スモーク&小松菜は、実は昨日の残り物だったりする(汗)

本人は、全然分かっていないので、すごいキョトンとした表情で、そもそも料理の方を見ていない(苦笑)

お箸を持たせてみたら、なんか鯛を退治しているみたいになった(^_^;)

今のところ、全然病気もしないし、スクスク元気に育っています(^_^)/

“息子が生後100日になったので「お食い初め」をやってみました。” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。