laravel5.5でアプリ上のエラー(Basic認証失敗時とか期限とか権限とか)を表示する画面は、die(view(‘errors.index’))みたいにすれば大丈夫!

laravel5.5でアプリ上のエラー(Basic認証失敗時とか期限とか権限とか)を表示する画面は、die(view(‘errors.index’))みたいにすれば大丈夫!

resource/views/errors/404.blade.php とかエラーコードのbladeファイルを配置しておけば、自動的に独自404エラー画面を表示してくれる賢いlaravelさん!

でも、アプリケーション上のエラー画面(日付とか権限的なエラー)はどうするんだろ?と色々と試してみた。

1, abort(404); みたいにHTTPエラーを出す。
→→→でも、独自HTTPコードってのもな~。

2, 例外クラスを作って、throwする。
→→→なんか、コードが複雑そう

3, die()は、ブラウザに文字列を出力して終了するんだから、単純にbladeビューを渡せばいいじゃね?
→→→これだ!

resource/views/errors/index.blade.php に共通エラー画面を作っておいて、引数で詳細エラーを渡せば、どこでも使えるのが良いね!(主にmiddlewareでしか使わないけど)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。