laravel5.3からVue.jsというjsフレームワークが標準で入っているので試しに触ってみた、その1

laravel5.3からVue.jsというjsフレームワークが標準で入っているので試しに触ってみた、その1

参照URL
https://qiita.com/icoxfog417/items/49f7301be502bc2ad897

触ってみた感想と特徴
1, HTMLタグ(入力欄のinputとか)にjsの変数を割り当てて(動的バインディング)、変数⇔表示HTMLが自動的に同期される(v-model)
2, 変数の値によって、CSS用のclassを動的に表示を変えられる(v-bind:class)
3, ユーザー入力は、v-on:keyup.enter=”addTodo”とかv-on:click=”begin(t)”みたいに、イベント毎にJS関数を呼び出す

laravelのbladeファイルの記述を、さらに発展させた印象(短い記述でかけるけど、その分だけ学習コストがかかる)

今回の記述だと、データは配列上にしかないけど、実際のアプリではAPI経由でDBをやり取りするみたい。

HTMLとCSSだけの静的なモックじゃなくて、UI的な部分はフロントエンジニアがここまでやってくれれば(MVCのV担当)
プログラマは、APIを作るだけでいいから楽だな(MVCのMC担当)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。