大阪で会社の忘年会があったので、ついでに大阪観光してみた

大阪で会社の忘年会があったので、ついでに大阪観光してみた

大阪のエスカレーターは、東京とは逆に右に並ぶのが違和感。

普段は会えない友達と待ち合わせ。
「梅田ダンジョンのセーブポイント」として有名な泉の広場。
友達「ここは近くの風俗店の面接待ち合わせポイントだよ。せっかくだから近くの風俗店を見に行こう!」
三年ぶり会ったのに、すごい提案だな!

ものすごく無料案内所が多い。無料案内所の隣に無料案内所がある!
「もらえんよりもらえる方がエエやん!!!」って看板も大阪弁なのね。

ミナミとか西成グルメとか、コテコテの大阪グルメが食べたい!と言ってみたら、不衛生で気持ち悪いから嫌だ!との事。
しょうがないからセーブポイントまで戻ってきて、直ぐ側の立ち飲み屋に入る。


友人は自分の頼んだポテサラを抱えるように一人で食べたので、自分で頼んだのは自分で食べる感じかな?と思ってたら
俺の頼んだ土手焼きを一本持っていった。婚活が上手くいかないのは、そういうトコだぞ!

ソースをつけないタコ焼き屋「会津屋 梅田店」にも行ってきた。
美味しんぼでも取り上げられたらしい。

せっかくなので全種類食べてみる。牛スジ入りの奴が肉感があって美味い。

出汁で食べる明石焼きは、天ぬきみたいな感じだった。

100億円ばら撒き終了のPayPayの話題になった。友人は登録の仕方がよく分からず、使えなかったらしい。
なのに、ケーキ屋の女の子に「この店、パイパイは使えます?パイパイは?」と言ってたらしい。
確かに紛らわしいけど、せめて購入すれば良かったのに、それだけ言って立ち去るのはただのセクハラだよ(苦笑)

ビール二杯でベロンベロンな友人(地図を確認した後に明後日の方向に行ったり、段差で転んだり、10分前に話した事を忘れる)
夕方に会社に行くからと言っても「せっかく会ったのに、今飲まないで、いつ飲むんですか~!?」という友人をたしなめて、スタバでコーヒーとケーキで締めながら、競馬新聞の見方を教えてもらう。
この友人、20年間かかさずに競馬に給料の全てをつぎ込んでいる剛の者である。本当に大丈夫なのか?

せっかくなので、ミナミとか西成にも行ってみる。友人はブツブツ言いながら、なぜか付いてきた。
友人「あそこら辺って、不衛生で病気になりそう…」
自分「潔癖症なの?」
友人「違うよ!人の握ったオニギリも食べれるし、電車の吊革も触れるよ。汚いのがキライなだけ!」
自分「家の生ゴミとか、どうしてるの?」
友人「オール外食だから生ゴミ出ない。でも、ゴキブリが出てきた時は便利屋を呼んで退治してもらった」
自分「女の子かいな!」

ちょんの間で有名な飛田新地。可愛い女の子からニコニコ笑顔で愛想と手を振られちゃうとにやけちゃうね。
でも、友人は「あいつらマドハンドだ!汚らわしい」みたいな感じで、まったく女の子を見ずに地面を見ていたらしい…。

年金通りまで一通りみてから、ジャンジャン横丁・新世界にも行ってみる。
友人「こんな訳わからない所、お金をもらっても住みたくない、ミナミって感じで吐き気を催す!」と毛嫌いしていた。
スーパー玉出も一度入って二度と入って無いらしい。
なんで、本当について来たんだ?寂しかったの?

通天閣を北上していたら、ザリガニという懐ゲーだらけのレトロゲーセンを発見!
これは懐かしい!ゴルゴの狙撃の奴まであった。


そんなこんなで友人とは分かれて、会社の忘年会~二次会のカラオケで夜中の12時過ぎに、ようやくホテルにチェックイン。疲れた~。

大阪観光後半に続く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。