六本木ヒルズのドラクエ展に行ってきたよ。


行こう行こうと思いつつ、なかなか行かなかったドラクエ展に行って来ました!
六本木ヒルズって、横浜・川崎方面から微妙にアクセスが悪いんだよな~。

入場料は、1800円(展望台1500円+ドラクエ展300円)
せっかくなので展望台を見てみると、東京タワーなどが見えて、なかなかの絶景。
夕方の曇り空でしたが、雲の隙間から光が漏れていて、なかなかに幻想的でした。

ドラクエ展内は、基本的に撮影禁止で、許可された場所のみ撮影可。なので、どのブログでも結構同じような写真になっているみたい(^_^;)
入り口からちょっと入った所で、「戦士」「武道家」「僧侶」「魔法使い」の職業を選ぶように言われる。
「基本は、やっぱり戦士だろ!」という事で「戦士」を選択。展内に色々なクイズがあるので、正解の穴を開けていくと最後に景品がもらえるとの事。

1~9の概略の説明から入る。他のシリーズのキャッチコピーは結構マトモな感じなのに、なぜかドラクエ2だけは「いやー、さがしましたよ」になっていた(苦笑)
隣にいたカップルの男が「ドラクエ1は、64キロバイトで作られているんだよ。今時のケータイの写真より小さいんだよ!」と熱く語っていたのに、女性が冷ややかに「ふーん」と返していたのが印象的でした(^_^;)

撮影の許可されていたモンスターが色々あったので、写真を撮ってみました。
まずは「ドラキー」リアルにいたらこんな感じかな?という大きさ(30cm位?)
次は「おおきづち」小さすぎて逆に攻撃しづらそうだな…。
三番手は「さまよう鎧」意外と小さい。正面からも撮って見ました。こっちの方が威圧感があるね~。
最後は「ゴーレム」2mくらいあってかなりの重量感。隠れるように、なぜかメタルスライムがいる(^_^;)

中盤辺りで、「竜王の城」イベントに参加するために待機。前の人達のセリフや音が聞こえてくる(汗)
中に入ると、小さめのイベント会場みたいになっていて、司会の人が竜王と戦う人を選定する。
とりあえず目立ちたくなかったので、目を逸らしてみた(爆)
2回以上来場している人は、「勇者」の職業に選ばれる権利があるらしい。今回は小さな男の子一人だけだったので、その子に決定。

各職業+勇者に、それぞれ専用の武器を渡され、いよいよ竜王との決戦。スクリーンに竜王が現れる!
勇者「王者の剣」
戦士「ひかりの剣」
武闘家「ドラゴンクロー」
僧侶「せんこうの杖」
魔法使い「いかずちの杖」
とりあえず、司会の掛け声で、みんな突くように武器を動かす(振り回すと危ないから?)

あっさりと倒される竜王。そしてお約束の第二段階へ変身!スクリーンの裏にドラゴンの人形が出てくる!
これも割とあっさりと倒される(まあ、時間の関係上ね…。)

後半部は、「ドラクエ1がある昭和のお茶の間」の再現や、鳥山明のモンスタースケッチ、ドラクエ1~2の手書きの企画書、昔の宣伝やポスター、ドラクエ関連グッズ、ドラクエ1~9のプレイできるコーナー等々
最後に、クイズの答えの穴を開けた冒険の書を使う台座があって、正解の「竜のうろこ」を受付のお姉さんに言うと「勇者のしるし」缶バッチがもらえる。
気分が盛り上がった所で、お約束のお土産コーナーがあります(笑)

外に出てみると、すっかり夜になっていて展望台から夜景が見えてます。
せっかく来たので、「ルイーダの酒場」で食事。ちょっとお高めだが居酒屋と思えば、こんなもんかな。

「スライム肉まん」300円
「エルフの飲み薬」600円
「マドハンドのハヤシライス」900円

「マドハンドのハヤシライス」が一番インパクトがあった(^_^;)
夜に行った方が、酒場っぽくて良かったです。ライトアップも綺麗だしね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。