laravel8のAPIで、CORS(Cross-Origin Resource Sharing = 異なるドメインからでもAPIが使える)に対応する。

laravel8のAPIで、CORS(Cross-Origin Resource Sharing = 異なるドメインからでもAPIが使える)に対応する。

デフォルトだと同じドメインでないとAPIが使えない。エラーになる。
laravel側で、ヘッダーで許可を出してあげればOK

1, middleware(リクエスト&レスポンスの処理をする所)を作る。

2, 許可ヘッダーの設定を行う

3, 自作ミドルウェアをlaravelに組み込む
app/Http/Kernel.php

4, apiのルーティングに仕込む

簡単、簡単!
テスト用には、この方が良いけど、本番運用では同じオリジンだけにした方が良いよな~。