実家に地デジアンテナ(UAD1900)を設置してみた。

実家に地デジアンテナ(UAD1900)を設置してみた。

二年以上前(2011年7月24日)にアナログ停波するというので、両親が住む実家に地デジテレビとHDDレコーダーをプレゼントしました。
ただ、テレビを届けた日に共同アンテナが撤去されて見れなくなったという悲劇が(苦笑)
横浜駅から1kmくらいしか離れていないのに・・・。山の多い横浜はわりと難視聴地域が多いらしい。
もともと共同アンテナは、ビルなんかを立ててアナログ電波が届かなくなった保証として立てたものらしく「地デジの事とかは知らん!維持費のため撤去する」という、まさに青天の霹靂!
まあ、嘆いていてもしょうがないので、学生時代にWOWOW無料一ヶ月体験で貰ったBSアンテナを設置してBSだけ見れるようにして早数年。

両親も、もういい年だし、いつまでも目も耳も元気とは限らないので、地デジテレビを見るくらいはなんとかしてあげたいと思って、いまさら地デジアンテナ設置を決意。
調べてみたら「DXアンテナ 地上デジタル放送用平面アンテナ デジキャッチフラットパワー1900 UAD1900」という屋根に上らなくても設置できる地デジアンテナを発見!
レビューもかなり評判がいいし、仮に映らなかったとしても1万円程度の失敗で抑えられるし…。(業者に頼むと10万円近くかかる)

とりあえず、ネット注文して実家に送りつける(高さ626×幅303×奥行153mm 2.8kgなので手で運ぶのは無理!)
見た目は空気清浄機みたいですね。
仕事帰りに実家によって、軽くセットアップしてみた限りでは、室内ではやっぱり無理そうだった。
しょうがないので真っ暗な庭にアンテナを設置して受信してみると、NHKや日テレはなんとか受信したので、週末に調整してみる事に。

次の日に、とりあえずアンテナの受信レベルが測れるレベルチェッカーを注文。
日本アンテナ 家庭用受信機器 BS/UHFチェッカー NL30S

あとアンテナにもブースターが付属しているが、念のため、もう1台ブースターを注文(自分の家でも使えるし)
日本アンテナ VBCシリーズコンパクトタイプ BS・110°CS・UHF卓上型ブースター VBC-22CU

室外設置のために、窓枠の隙間から通す同軸ケーブル
隙間ケーブル サッシケーブル 50cm 極細型(防水キャップ付属)地デジ・BS・CS対応 F型接栓タイプ CRA-50

結果としては、みなとみらい方面の窓際に高めに室内設置したら、受信レベルが60~70確保できたので室外設置はしませんでした。
レベルチェッカーもHDDレコーダーで表示できたので不要でした(^_^;)
なので上記のアイテムは、ほぼ不要という結論に…。まあ現地で焦らなくてもいいようにと色々と注文しすぎたかな~。
室内設置はただ置いてあるだけなので、何か固定するような工夫が必要かも。

こうなると欲が出てくるもので、台所でもテレビ視聴できるために長い同軸ケーブルを設置!
家に死蔵されていた受信装置群を、頑張って取ってきた(非常に疲れた…。)

液晶モニタ
BENQ JAPAN 24型LCDワイドモニタ(グロッシーブラック) G2420HD

スピーカー
PlayStation3用 サラウンドサウンドシステム

HDDレコーダー
REGZAハイビジョンレコーダー RD-R100

セットアップしてみるとリビングと台所、どちらでも地デジ視聴が出来るようになり両親大喜び!
疲れたけど頑張って良かった。次は台所でもBSが見えるようにしないとな~。
とりあえず地デジが見れない人は、この商品を試してみると良いと思う。

“実家に地デジアンテナ(UAD1900)を設置してみた。” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。