1歳の息子にRapsberryPiのコンセントを引きぬかれてOSがクラッシュ!再セットアップした(>_<)

1歳の息子にRapsberryPiのコンセントを引きぬかれてOSがクラッシュ!再セットアップした(>_<) 1

こういう時は、ブログに備忘録を書いておいて良かったと思うね(もっとSDカードのバックアップをしておくべきだが…。)

RaspberryPiのセキュリティ設定について


モニタ無しで、いきなりSSHからセットアップ!
IPアドレスはNMAPで探す
http://nmap.org/download.html
Latest release self-installer: nmap-6.40-setup.exe をダウンロード
コマンドのところに
nmap -p22 192.168.0.1/24
と入力してスキャンを開始で、ssh(ポート22)が開いているのがRaspberryPi

せっかくなので、raspi-configでオーバークロックしておく(デフォルトの700MHzから900MHz)
多少はもったり感が解消されるかな?

パスワード認証から公開鍵認証に変更、SSHポートとか書き換える

RaspberryPiのsshにパスワード無しでログインする方法(公開鍵認証方式とは)

Webサーバ+PHP+MySQLをインストール
apt-get install -y lighttpd php5-cgi php5-cli mysql-server phpmyadmin
(Webサーバを”apache2″にするなら、”libapache2-mod-php5″もインストールする必要あり)

RaspberryPiからGmailアカウントを使ってメール送信するためのSSMTPをインスト

ラズベリーパイ(raspbian)を使ってみる – 5分でメールを送信できるようにする –

上記のURLには書いてなかったけど、設定ファイル(ssmtp.conf)で
root=送信するメアド
ってのを設定しないと、root@raspberrypiって何?みたいなエラーメールが飛んできます。
Delivery to the following recipient failed permanently:

root@raspberrypi

Technical details of permanent failure:
DNS Error: Domain name not found

ssmtp.conf
mailhub=smtp.gmail.com:587
root=yourmail@gmail.com
AuthUser=yourmail@gmail.com
AuthPass=yourpass
AuthMethod=LOGIN
UseSTARTTLS=YES
UseTLS=Yes

コマンドラインからメールを送るやり方も違っていた(sendmailだとエラーになる)
ssmtp -t < testmail.txt phpからも、mb_send_mail()でメール送信できるので言うことなし!! crontabなどの標準エディタがnanoになっているのでvimに変更した sudo update-alternatives --config editor crontabからメール送信すると、実行したよ〜という通知メールがきてしまうのでブラックホール(dev/null)にリダイレクトする 1 4 * * * php /var/www/tvprog/cron/get.php > /dev/null
1 6 * * * php /var/www/tvprog/cron/send.php > /dev/null

これで、一応元通りになったはず…。

“1歳の息子にRapsberryPiのコンセントを引きぬかれてOSがクラッシュ!再セットアップした(>_<)” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。