kintoneのJSファイル更新が、あまりにも面倒なので、自鯖を立てて「URL指定で追加」に切り替えた。

kintoneのJSファイル更新が、あまりにも面倒なので、自鯖を立てて「URL指定で追加」に切り替えた。

kintoneのJSファイル更新手順(いくらなんでも多過ぎだろ・・・。)
1, 該当アプリを開く
2, 右上の歯車(設定ボタン)を押す
3, 「このアプリの設定」を選択
4, 「詳細設定▼」をクリック
5, 「JavaScript / CSSでカスタマイズ」をクリック
6, 上書きするJSファイルを☓ボタンで削除(同じファイル名が平然とアップロードされる)
7, 「アップロードして追加」ボタンを押してファイル選択
8, 左上の「保存」ボタンを押す
9, 右上の「設定完了」を押す
10, 「アプリの変更を運用環境に適用します。よろしいですか?」ダイアログでOKを押す
11, 一覧画面に画面遷移するので、確認したい画面に移動する

正直「kintoneでJS開発なんてするんじゃねえよ!」というシステム開発側の声が聞こえてきそうな位、面倒だ。ちょっとした修正でも1からやり直しだし・・・。

なので、自鯖を立ててkintoneアプリには、そこにあるJSファイルを参照してもらう事にした(WinSCP経由でファイルを開くと、ローカルの秀丸でもサーバ上のファイルを編集できたので、イチイチアップロードしなくても良い)
※ただし、https接続じゃないとダメ!無料サーバだとSSL対応サーバは、あんまり無いかも…。
図にすると、こんな感じ
kintone_https_js

問題点としては、JSファイルが置いてある自鯖が落ちたら、ちゃんと動作しなくなる点(クラウドサーバの意味が…。)
まあ、これは運用に入ったらkintoneサーバにアップロードすればいいか。
settings

“kintoneのJSファイル更新が、あまりにも面倒なので、自鯖を立てて「URL指定で追加」に切り替えた。” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。