iPhoneのTouch ID(指紋認証)のコツについて、調べてみた!

 
iPhoneのTouch ID(指紋認証)のコツについて、調べてみた!

iPhone5Sから追加された指紋認証。慣れればパスコードなしスライドより速いよ!という事で期待していたのですが、全然認識してくれない…。
何度も失敗して「Touch IDをオンにするにはパスコードが必要です」という本末転倒な画面になる事も、しばしば…。
1

iPhone6 Plusを購入してしばらくは、パスコードすら無し、指紋認証なんて要らない!とスライドだけで生活していた(^_^;)
でも、せっかくある機能を使わないのはもったいない!という貧乏根性丸出しで、頑張って調べてみました。

特徴その1 水分を含んだ指には、滅法弱い。お風呂あがりでふやけた指紋はしょうがないとしても、手洗いした後はもちろん、少しでも汗ばんでいるとNG!
対策その1 とりあえず手を拭く。乾くのを待つ。冬場になると成功率が上がるのか?(苦笑)

特徴その2 登録できる指紋は、5個までしかない。
対策その2 実際には、同じ「指紋1」という設定に、複数の指を登録できる!
また、同じ指を複数登録できます。「指紋1」「指紋2」に「左親指」とか登録できる。こうする事によって認証率が高まる!

自分の設定
指紋1=左親指(垂直)
指紋2=右親指
指紋3=右人差し指
指紋4=左親指(斜め)
指紋5=左親指(水平)

※左親指が一番使うので、角度を変えて登録してみた!
指紋登録する時に、少しずらしたら「指をずらさないで下さい」と警告が出て、ずっと同じ指紋部分をタッチしていたら「指を少し動かして下さい」とか警告が出たので、角度を変えて登録してみた。

特徴その3 指紋の設定画面でセンサーに触ると対応した項目が点滅して、データ蓄積され認識率が上がるらしい!
対策その3 暇な時に、ひたすら覚えさせれば認識率があがるはず!
2

特徴その4 やっぱり物理的に汚れていると、認識率が落ちる。
対策その4 指でゴシゴシしてから、タッチするだけでも、結構違います。指側も綺麗になっているから? 1~2回認識に失敗したら、試してみると吉!

特徴その5 それでも上手くいかない!Touch IDのコツって、何かあるの?
対策その5 自分の感覚としては、軽くタッチするだけだと、失敗しやすいです。
ハンコをグイっと押すような感じで、実際にはボタンは押さないのですが、グリグリとやるイメージだと成功率が高い感じがします。
後は、できるだけ指の真ん中の部分を押し付けるように意識すると、上手くいく気がします(^_^;)

利用開始当初は認証失敗しやすくて、何度もTouch IDを利用する事によって認証率が上がってくるという話もあるので、気長に使っていくのが良いのか?

 

“iPhoneのTouch ID(指紋認証)のコツについて、調べてみた!” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。