WordPressのコード表示プラグインを、SyntaxHighlighter Evolved → Crayon Syntax Highlighterに変更してみた。

WordPressのコード表示プラグインを、SyntaxHighlighter Evolved → Crayon Syntax Highlighterに変更してみた。

参考URL:

【WordPress】Crayon Syntax Highlighterに乗換え!ソースコードを色分けて行番号表示

変更した理由
1,背景が暗い&文字が原色・暗かったりして、そもそも見づらい!
2,広告(Google Adsense)を記事の一番下に設定しているのに、なぜか記事中に表示されてしまう
3,「SyntaxHighlighter Evolved」からタグ修正なしで乗換可能(重要!)

これで万事OKと思ったら、勝手にHTMLエスケープされている…。
例) ”(ダブルクォーテーション) → "

ググってみると、どうもプラグインのソース自体を、二箇所も変更しないとダメっぽい。

変更点その1,WordPressの管理画面からソース編集(crayon_formatter.class.php)

変更点その2,FFFTPなどから直接編集が必要!以下の二箇所を#でコメントアウトする
/wp-content/plugins/crayon-syntax-highlighter/langs/default/operator.txt
# &=
# &

あと、タブ文字で字下げしている人は、ココもチェックしないと字下げが無視される~。
Convert tabs to spaces

これで結構イイ感じにコードが見れるようになった。
自分でも見づらいな~と思っていたので大満足(^_^)/
ちなみにプラグイン名のCrayonは、子供が絵を書くのに使う「クレヨン」です。意外と分からないものだ(^_^;)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。