オウム返し返信をしてくれるtwitterボットをnode.jsで作ってみた。

オウム返し返信をしてくれるtwitterボットをnode.jsで作ってみた。

参考URL
http://engineer.recruit-lifestyle.co.jp/techblog/2015-07-21-node3/

将来的には、専用クライアントをインストールせずに、つぶやきを拾って自動返信してくれるサービスとか流行りそうやね。
電話やメールなどに較べて、twitterでつぶやくだけだから、使う側の敷居も大分下がるのがデカい。

そして今は、新しいtwitterアカウントを作成するにSMS受信できる電話番号が必要なのね…。世知辛い世の中になってきたな~。
まあ、こんなこともあろうかとiPhone6の格安SIMはSMS付きにしておいたので、それを使う。
twitter APIを使うための設定とか色々と行う。
https://apps.twitter.com/

ワンコインVPSには、以前にnode.js動作環境を作っておいたので、サンプルがすぐに動いた。
node.jsは新しいサーバサイド言語だけあって、30行程の簡単な記述で自動返信twitterボットが作れるなんて素晴らしい!!
まあ、VPSなど常時起動サーバで走らせ続ける必要があるけどね…。

ツイートに@相手のユーザIDを含ませるだけでは返信にならないみたい…。もうちょい調べてみないと。
これが上手く行けば、twitterを使った会話ボット(人工無脳)が出来そう。
ただ、いきなり作るのは難しいから、パラグラフ番号を使ったゲームブック形式あたりから始めてみよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。