RoR(Ruby on Rails)で動くオープンソースEC「spree」をインストールしてみた。

RoR(Ruby on Rails)で動くオープンソースEC「spree」をインストールしてみた。

オープンソースECサイトと言えば、EC-CUBEが有名だけど、Rails製のもいくつかあるので試してみた。
http://www.tbn.co.jp/posts/technology/2016/01/08/oss-ec-collection.html

1, spree(一番普及しているらしい。海外では人気だが日本だと…。)
2, solidus(spree開発中止したので、後継機。)
3, ROR Ecommerce(よくわからん)

最初からサーバ側に環境を作るので、CentOS6上で構築する。RubyとRailsの環境構築
参照URL:http://kzy52.com/entry/2015/05/13/201831
基本的には、書いてある通りにコマンドを叩くだけ

開発環境
CentOS release 6.7 (Final)
MySQL5.5
ruby 2.3.1p
Rails 4.2.6

rubyのインストールに必要なツール
1, rbenv(各バージョンのrubyを管理ツール。)
2, ruby-build(各バージョンのrubyをインストールするツール。rbenv install バージョン番号でインストールする)
3, rbenv-default-gems(gemはrubyライブラリの事。指定したライブラリをバージョンに合わせてインストールしてくれる)
4, bundler(Gemfileにgem名とバージョンを書いておくと、一括インストールされる。)


spree(ECサイト)のインストール手順書

https://github.com/spree/spree

spreeの日本語化
参考URL: http://qiita.com/kusu_tweet/items/b534c808ac1ee0382f05

rails4対応のspree最短セットアップ-with-ローカライズも参照

railsアプリをapacheで動かす方法へ続く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。