chan-toru(ブラウザからnasne予約可能)が7月で終了するので、ラズパイ4のメモリ8GBを買って、録画サーバにしてみた

chan-toru(ブラウザからnasne予約可能)が7月で終了するので、ラズパイ4のメモリ8GBを買って、録画サーバにしてみた

キャッシュレス還元も、もうすぐ終わるので、ラズパイ4を買ってセットアップしてみた(piユーザ名変更・公開鍵SSH接続)

必要なハードウェアは、以下2点(3年前にamazonで買って放置していた!)
1, USB接続のTVチューナー(PLEX USB接続ドングル型地上デジタルTVチューナー PX-S1UD V2.0)

2, B-CAS カードリーダー(ICカードリーダ・ライタ IDBridge CT30)

B-CASカード本体は、テレビに刺さってたのを利用。PS4経由でnasneでしか見ないから不要なんだよね。

SDカードが128GBあるから、とりあえずHDDとかは後回しにしよう。

必要なソフトウェアは
1, TVチューナー(PX-S1UD)のドライバとか
2, B-CAS カードリーダー(ICカードリーダ・ライタ IDBridge CT30)のドライバとか
3, Mirakurun(TVチューナー操作&動画ストリーミング)
4, EPGStation(番組表取得・画像変換ts->mp4・録画サーバ)

参考URL

1, TVチューナー(PX-S1UD)のドライバのダウンロード&インストール

2, B-CAS カードリーダー(ICカードリーダ・ライタ IDBridge CT30)のドライバのダウンロード&インストール

3, この時点でTVチューナーから録画して、動画ファイルが作成できるはず

4, ブラウザから表示・操作ができるようにMirakurun と EPGStationをインストール
この2つは、Node.js製なので、node.jsをインストール

5, Mirakurunからチューナー操作できるように、設定を行う

この時点で、VLCのメニューからメディア→ネットワークストリームを開くと、リアルタイム放送が再生できる。
http://raspberrypi.local:40772/api/channels/GR/27/stream

6, EPGStation(番組表&録画ツール)をインストール

http://raspberrypi.local:8888/ をブラウザでアクセスすれば、チューナー&B-CASで受信した番組表(EPG)が表示され、録画もできる(全番組表を受信するのに、ちょっと時間がかかってた)
Material Design Lite(google製のライブラリ)ってのを使っているらしい。

とりあえず、録画ファイルはSDカード保存(128GBあるので)
真面目に保存するなら、NASNEのshareフォルダをマウントして保存かな。

7, タブレットで外へ持ち出す
同じwifiにあるkindle fire hd 10のchromeからアクセス。
録画済の番組が表示される。地デジはTSファイル(Transport Stream)のままだと1秒で10MBくらい必要なので、ラズパイがハードウェアエンコードできるH264形式に変換する(デフォの動作)

録画が終わってTSファイルが生成されてから、H264エンコードが始まる
だいたい、1/20くらいに圧縮されて、たいていの環境で再生できるのがグッドだ!
※設定を変えれば、録画と同時にエンコードも出来るらしい・・・。

問題は、元のTS削除チェックしてH264エンコードに失敗すると、録画番組が見れなくなった!
う~ん、とりあえずTSは保存しておいた方がいいのかな?

EPGStation指定のADM(Advanced Download Manager)は、1ファイルを5分割してダウンロードしてくれるので高速ダウンロードが可能!
nasneの持ち出しと比べると、何分もかかるところが1分くらいで完了できるのが良いね!
VLCで再生。画面の右半分が音量、左半分が明度、左右で早送り・巻き戻しと、タッチ操作に最適化されている。これでCM飛ばしが出来たら最高なのだが・・・。