laravel5.1にECカート操作が出来るようになったので、商品を選んで、カートに入れて、カートクリアまでやってみた。

laravel5.1にECカート操作が出来るようになったので、商品を選んで、カートに入れて、カートクリアまでやってみた。

laravel5.1にECカート機能を付けてみる。

1, 商品テーブルを作る
php artisan make:migration create_products_table –create=products

2, 商品モデルも作る(laravel側からデータベースを操作するためのORマッパー)
php artisan make:model Product
app\Product.phpが生成される(コーディングは何もしなくても良い。親クラスの継承メソッドでアクセスできるようになる)

3, 商品レコード内容の定義ファイルを生成
既存のDatabaseSeeder.phpを編集

4, MySQLに反映させる。
php artisan migrate:refresh –seed

5, ブラウザに表示してみる
app/Http/route.phpファイルに追加

http://localhost/cart/public/product

[{“id”:1,”product_code”:”0″,”product_name”:”Product0″,”product_price”:0,”product_detail”:”detail0″,”product_remarks”:”remarks0″,”created_at”:”2016-10-25 01:45:11″,”updated_at”:”2016-10-25 01:45:11″},
{“id”:2,”product_code”:”1″,”product_name”:”Product1″,”product_price”:100,”product_detail”:”detail1″,”product_remarks”:”remarks1″,”created_at”:”2016-10-25 01:45:11″,”updated_at”:”2016-10-25 01:45:11″},
{“id”:3,”product_code”:”2″,”product_name”:”Product2″,”product_price”:200,”product_detail”:”detail2″,”product_remarks”:”remarks2″,”created_at”:”2016-10-25 01:45:11″,”updated_at”:”2016-10-25 01:45:11″},
{“id”:4,”product_code”:”3″,”product_name”:”Product3″,”product_price”:300,”product_detail”:”detail3″,”product_remarks”:”remarks3″,”created_at”:”2016-10-25 01:45:11″,”updated_at”:”2016-10-25 01:45:11″},
{“id”:5,”product_code”:”4″,”product_name”:”Product4″,”product_price”:400,”product_detail”:”detail4″,”product_remarks”:”remarks4″,”created_at”:”2016-10-25 01:45:11″,”updated_at”:”2016-10-25 01:45:11″},
{“id”:6,”product_code”:”5″,”product_name”:”Product5″,”product_price”:500,”product_detail”:”detail5″,”product_remarks”:”remarks5″,”created_at”:”2016-10-25 01:45:11″,”updated_at”:”2016-10-25 01:45:11″},
{“id”:7,”product_code”:”6″,”product_name”:”Product6″,”product_price”:600,”product_detail”:”detail6″,”product_remarks”:”remarks6″,”created_at”:”2016-10-25 01:45:11″,”updated_at”:”2016-10-25 01:45:11″},
{“id”:8,”product_code”:”7″,”product_name”:”Product7″,”product_price”:700,”product_detail”:”detail7″,”product_remarks”:”remarks7″,”created_at”:”2016-10-25 01:45:11″,”updated_at”:”2016-10-25 01:45:11″},
{“id”:9,”product_code”:”8″,”product_name”:”Product8″,”product_price”:800,”product_detail”:”detail8″,”product_remarks”:”remarks8″,”created_at”:”2016-10-25 01:45:11″,”updated_at”:”2016-10-25 01:45:11″},
{“id”:10,”product_code”:”9″,”product_name”:”Product9″,”product_price”:900,”product_detail”:”detail9″,”product_remarks”:”remarks9″,”created_at”:”2016-10-25 01:45:11″,”updated_at”:”2016-10-25 01:45:11″}]

6, もう少し見やすいように、見た目(View)を定義する
resources/view/product/index.blade.phpファイルを生成

7, 直接表示せずに、ビューに渡すようにする

1

8, 商品名をクリックしたら、個数1個でカートに入れ、カートの状態を表示する
まず、CartControllerを生成する。
php artisan make:controller CartController

9, ビューの商品名をリンク(カート追加)に変更する

10, カートの中身を表示するビューも作る

11, route.phpにルーティングを記述する(URLと処理を結びつける)

2

カート内の商品を個別に削除したり、個数変更できるようにしないとな…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。