laravel5.5のwebフォームで2時間以上放置すると、xsrfトークンの有効期限が切れてエラー画面になる。エラー表示させずに、元の画面にリダイレクトする。

laravel5.5のwebフォームで2時間以上放置すると、xsrfトークンの有効期限が切れてエラー画面になる。エラー表示させずに、元の画面にリダイレクトする。

The page has expired due to inactivity.
Please refresh and try again

と表示されても、ユーザにはよく分からないので、元の画面に戻す
back()->withInput()で値は保持しておく。ユーザ認証もあったら2時間経っているのでセッションタイムアウトで、ログイン画面に戻るはず。
redirectなので、xsrfトークンが再発行され、送信ボタンを押せば問題なく送信されるはず

app/Exceptions/Handler.phpで、処理を記述

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。