laravel5.5で、認証の種類(guard)によってリダイレクト先のログインURLを振り分ける

laravel5.5で、認証の種類(guard)によってリダイレクト先のログインURLを振り分ける

参照URL: https://stackoverflow.com/questions/45340855/laravel-5-5-change-unauthenticated-login-redirect-url

例えば、楽天のような企業別ECサイトの場合(企業毎にユーザのログイン画面があるパターン)
一般ユーザ http://ec.com/user/12345/login
企業管理者 http://ec.com/company/12345/login
システム管理管理者 http://ec.com/admin/login

laravelの標準の認証を使うと、ログインに失敗するとhttp://ec.com/login にリダイレクトされてしまう。
それだと困るので、それぞれ失敗したログイン画面(URL毎に守られている認証別)にリダイレクト先を振り分けたい。

app/Exceptions/Handler.phpで、振り分け先ロジックを実装する。

どのURLにアクセスしているかは、セッション変数で識別する
web.php

app/Http/Controller/Company_admin/LoginController.php

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。