centos7.4に最新gitサーバ(レポジトリ&gitユーザ)を構築。phpstormで使う!

centos7.4に最新gitサーバ(レポジトリ&gitユーザ)を構築。phpstormで使う!

最新gitサーバのインストール

gitサーバ上にgitレポジトリを作成

gitサーバへのユーザ(アカウント)を作成

ローカルのクライアントSSHの設定(Windows7)
1, /home/suzuki/.ssh/id_rsaをローカルにもってくる
2, C:\Program Files (x86)\WinSCP\PuTTYで、ppkファイル形式に変換する
3, Windowsの自分のホームの.sshフォルダの中に、id_rsaとid_rsa.ppkを入れておく

phpstormからgitサーバへpushする
0, Settings->Version Control->Git->SSH executaleをBuilt-in(phpstorm付属のgit)からNative(Windowsのgit)へ変更(自分の環境では、なぜかBuilt-inの方で上手く行った)
“Remote URL test failed: Could not read from remote repository” というエラーが発生する。
1, メニューバーのVCS(Version Control System)→Import into Version Control→Create Git Repositoryをクリックして、ローカルレポジトリを生成
2, メニューバーのVCS(Version Control System)→Git→Remotesをクリックして、リモートレポジトリの設定を行う。
ssh://suzuki@ドメイン名:/var/lib/git/public_git/test.git

SourceTreeからgitサーバへのアクセス
1, メニューバーのツール→オプション→全般タブから、SSHキーを設定すれば認証してくれるはず(フルネームやメールアドレスも入れてね!)
2, 新規/クローンを作成するボタンで、リモートレポジトリを登録してから、push(サーバのレポジトリは空なので、コレが最初のコミットになる。後は他のクライアントがcloneすれば、いつものgitコマンドが使える)
ssh://ユーザ名@ドメイン名:/var/lib/git/public_git/レポジトリ名.git

これで
1, gitサーバ
2, レポジトリ生成
3, gitユーザ生成
4, gitクライアント設定

が出来て、快適なgitライフが送れるはず!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。