「鈴木先生」で有名な武富健治先生による最新作「惨殺半島赤目村」(全2巻)を読んでみた。

「鈴木先生」で有名な武富健治先生による最新作「惨殺半島赤目村」(全2巻)を読んでみた。

第一話はWEBで読めます。「あいさつは大事・・・!!」
http://comic-earthstar.jp/author/detail32.php

都会から来た青年医師が、閉鎖的な村で連続殺人事件に巻き込まれるという、お約束の展開です。
「ひぐらしのなく頃に」「屍鬼」なんかが好きな人にはオススメ!(というか同じシチュエーション)

わりとお約束な展開ですが、グイグイ引き込まれる感じで、一気に読めました(むしろ隔月連載だとストレスが溜まりそう)
ネットでも本屋でも話題にならないのは、隔月連載という展開の遅さが理由かな?
主人公の手袋がヒーローっぽい!?

読んでみた感想としては、やっぱり都会暮らしが良いな~と。(苦笑)
担当編集が選ぶ『この田舎に帰りたくない2014』堂々第1位に選ばれるだけはある(^_^;)

ループタイの男も、一コマだけチョイ役で出てきます(笑)

“「鈴木先生」で有名な武富健治先生による最新作「惨殺半島赤目村」(全2巻)を読んでみた。” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。