ボードゲーム会in横浜のタネマキ

横浜駅近くの「タネマキ」というコワーキングスペースで、ボードゲーム会が開催されるというので参加してきました(^_^)/
会場内は、20~30代の男性ばかりが20名ほど。隣のスペースでやっていた7Wondersが気になりつつも、別の卓へ~。

最初にやったゲームは、「ブラフ」
お馴染みのカップ内に5個のダイスを振って、場にある全員の出目を当てていくゲーム。
残り二人とかになると、かなりヒリヒリとした緊張感を味わえます!

次は、始めてやる「レジスタンス」
いわゆる人狼系ゲームで、7人でプレイしました。
スパイ(妨害側)が3人、レジスタンスが4人で、5回の作戦を3回以上成功or妨害した方が勝ちです。
人狼のように最初だけスパイ同士だけ目配せできるのですが、一人分かっていない孤独なスパイがいたようです(苦笑)
残り二人のスパイも「あれ、スパイって二人だけだっけ?」と混乱したままプレイ。
その結果、自分が属するレジスタンス側が勝利!
人狼と違って、司会がいないが故の悲劇ですね(^_^;)

三番目は、自分が持ってきた「ダンジョンレイダース」
かなりとぼけた感じのイラストからは想像も出来ない、足の引っ張りあうダンジョン探索系カードゲームです。
目的は、誰よりも金貨をダンジョンから持ち帰る事!
そのためには、できるだけ他者の力を利用しつつ、自分の力は温存し、最後に上手く切り抜けるのが最上!(笑)
「みんなで幸せになろうよ」がキーワードですねw

ランダムダンジョンなはずなのに、毎回ドラマチックな展開になるという不思議。
二回目なんて、最後の最後に5人中4人が大岩のトラップに潰されて死亡。残った一人がタナボタ的勝利を得るというwww

4番目は、「ファウナ」
動物のカードから、生息域・全長・しっぽの長さ・体重を当てるゲーム。
ドイツ版なので当然ドイツ語なのですが、日本語訳の紙を見てみると「アルプスなんたら」とか「アフリカなんとか」と割と生息地域が、そのまんまな奴とかいましたw
「コマッコウクジラ」とか小さいクジラかよ!ドイツ語じゃ分からないよ!というツッコミが…。特にこいつは北極海と南極海を除く全海域に生息していたり~。
ゲームっていうよりクイズっぽいですね。TVの動物番組とか好きな人にオススメ。

最後は自分で作った自作カードゲームのテストプレイに付き合ってもらいました。
自分の娘の結婚相手を品定めしつつ、ダメ男を他家に押し付けていく。娘の好みを自分(父親)だけが知らなかったり、他家の男に悪い噂をつけたり。
良い点数の男に悪い噂をつけるのに、みんなで大熱狂。やっぱり他人の不幸は蜜の味?(苦笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。