Objective-CからSwiftに変わって、何が変わったのか?

Objective-CからSwiftに変わって、何が変わったのか?

iPhone(iOS)アプリを作成(プログラミング)するのに必要な技術&知識を列挙してみると

1, 言語の理解(Objective-C, Swift)
2, Cocoa フレームワーク(API)の理解(iOSの機能)
3, Xcodeの理解(IDEの使い方)
4, 画像作成やUI知識

これを料理に置き換えると、
1, 言語の理解(日本語で書かれているレシピが読める)
2, 料理用語の理解(みじん切り、千切り、湯通し、小さじ大さじ等の意味が分かる)
3, 実際に自分で出来る(包丁や鍋が使える)
4, 盛り付け・配膳・食器の知識・技術がある

表にすると、こんな感じ。

項目 iOS開発 料理
前提知識 言語の理解(Objective-C, Swift) 言語の理解(日本語で書かれているレシピが読める)
専門知識 Cocoa フレームワーク(API)の理解(iOSの機能) 料理用語の理解(みじん切り、千切り、湯通し、小さじ大さじ等の意味が分かる)
実技 Xcodeの理解(IDEの使い方) 実際に自分で出来る(包丁や鍋が使える)
見た目 画像作成やUI知識 盛り付け・配膳・食器の知識・技術がある

なので、英語レシピ(Objective-C)が中国語レシピ(Swift)に変わった!
漢字なので外国語の勉強してなくても、なんとなく分かる!
でも、料理の基礎をちゃんと学んでないと意味ねぇ~、といった感じです(苦笑)

“Objective-CからSwiftに変わって、何が変わったのか?” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。