ペアプログラミング合コン行ってきたよ


雨で息が白くなる寒い日ですが、頑張って行ってきました!
第一回目という事で、色々とスムーズに行かない所もありましたが、おおむね問題なし。と言った所

それにしても、男性14人・女性17人と、男性側のフィルタリングが強すぎだwww
男性側は10年選手が多かったのに対して、女性側は1年未満の人が多かった。
男性側のみ、締め切りの厳しい課題があったりと、ペアの女性に教えたら「そこまでして参加したかったんですか?」とか言われた。
最初から、この条件なら参加しなかったよ(苦笑)

ペアプログラミング課題も、成果物とかを求めずにRoR(Ruby on Rails)で何か作って下さいと、わりと丸投げな感じでした。
男性も女性も、どちらもRubyに詳しくなくて開発環境を構築しているだけで終わっちゃったペアもあったみたい(^_^;)
Mac率かなり高し!半分を超えていたんじゃないか?という位。

一時間で作れる物と言う事で、とりあえず二人で話し合ってサンプルの書籍管理アプリを、ちょっと修正する感じに決定。
会場内の人たちが作っているアプリの管理アプリを作成。わりとすぐに出来た(^_^)/

初回の相手は、RoRで半年以上開発されている社会人1年生目の人だったので、むしろこっちが色々と教えてもらって勉強になった。
休憩時間になっても、スイーツを食べながら構築するほどのプログラマ根性の持ち主!

スイーツや飲食物がわりと充実しているな~と思ったら、会場費が開発者支援という事で無料だったみたいです。

二回目のペア相手も社会人1年生目の人で、普段Javaしか触っていないけどRoRなら簡単にWebアプリが作成できる噂を聞いて参加したらしい。
Scaffoldingを使ったサンプルで、一行もコードを書かないのにWebアプリが開発できた事に感動していた。

2時間ほどペアプログラミングをして、懇親会に突入。オードブルやアルコールがある立食パーティーみたいな感じでした。


酔っぱらいながら、みんなで「理想のデート」について、カラーペンでひたすら書きこむ

酔っぱらいながら技術的な事を喋るのは、なかなかに新しい体験で楽しかったです。
開発者同士だと、下ネタもわりと専門用語。
insert into って、何処に何を挿入するんですか!とか(笑)
後ろの穴はセキュリティホールだから駄目とかwww

盛り上がった所で、近くの居酒屋で二次会。
絵に描いたような酔っ払った女性が、ロックオンした男性にひたすらアプローチしているのに、全然相手にしてもらえないとか
純情プログラマの童貞心を打ち砕く清純ビッチな発言とか
女の子同士でキスとか
アイドル転落物語とか
雀荘に一人で行っているとか
ペアプログラミングとは逆に、女性陣の話を男性陣が見聞きする感じだった(笑)

なんにしても、若い女の子とたくさん喋れて楽しかったよ(*^_^*)
やっぱり男女比は、半々位が一番盛り上がるね。
でも、成立したカップルって、結局いたのだろうか(苦笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。