kintoneでデータの検索やWEB共有、エクセルでデータの詳細表示&編集、というのが一番現実的か?

kintoneでデータの検索やWEB共有、エクセルでデータの詳細表示&編集、というのが一番現実的か?
イメージ的には、こんな感じ。
添付ファイルにマクロ実行しているファイル(厳密にはコピー)を、対応するkintoneレコードに添付しているってのがミソだな。
印刷やデータ編集する時には、それをダウンロードして使う。
kintone_excel

kintone側では、表示のみで編集不可(javascriptを使う)
参照URL

データの入出力はexcel, データ共有はkintoneって感じでやってみたが、これって複数の人がダウンロードして修正したら、後の人のデータで上書きされてしまうような…。
まあ、そもそも厳密なトランザクションないし、後出し優先でいいかな~。
excel_screen

実際のソースは以下の通り
1,エクセルデータからkintoneレコードを生成。レコード番号を取得
2,自身のExcelファイルをコピーしてkintoneにアップロード。FileKeyを取得
3,レコード番号とFileKeyを紐付ける更新処理を行なう

参照URL:バイナリファイルのアップロード

“kintoneでデータの検索やWEB共有、エクセルでデータの詳細表示&編集、というのが一番現実的か?” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。