iOSアプリを作るまでの「道のりの遠さ」について考えてみた。

iOSアプリを作るまでの「道のりの遠さ」について考えてみた。

実際にiOSを作れるようになるには、以下の様なレイヤー(壁)を越えていかないとダメなんだよな〜。

1, Macの一般操作の知識
2, 一般的なコーディングの知識
3, swiftの知識 ← ココだけ
4, Xcode操作の知識
5, 特定のiOSアプリを作る能力
6, どんなiOSアプリでも作る能力

C言語でhello,worldから、Winノベルゲーを作るくらい遠い(^_^;)
この真実を伝えてくれる人がいないのは、初学者がやる気をなくしてしまうからかな?

日本語学習に例えると、
1, ひらがなを全て覚える
2, カタカナを全て覚える
3, 基本的な漢字を覚える(1000前後?)
4, 基本的な文法を覚える
5, 基本的な文章を覚える
6, 基本的な慣用句を覚える

くらいまでやって、やっと片言レベルって考えると、道のりの遠さを感じるわ〜。
こうやって考えると、すべて誰かに教えてもらうってのは現実的じゃ無いので、一番必要なのは「独学力」かな?

“iOSアプリを作るまでの「道のりの遠さ」について考えてみた。” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。