Google Analyticsで、特定のページ(サンクスページ)へのルート・コンバージョン率(離脱率)の調べ方。

Google Analyticsで、特定のページ(サンクスページ)へのルート・コンバージョン率(離脱率)の調べ方。

1, まずコンバージョン(目標)を設定する必要があります。
※Conversion((コンバージョン)は英語で「変換」という意味です。
アクセス解析では「アクセスしてきた人(見込み客)」→「実際に申し込みや商品を購入してくれた人」に変換された、目標達成という意味で使われます。

2, 具体的な操作は、Google Analyticsにログインした後、「アナリティクス設定」→「目標」をクリック!
1

3, 画面が切り替わって、今まで作った目標リストと新規作成ボタンが表示されます。
※目標は一度作ると削除出来ません!また限定20個まで(ビューを新規作成すれば追加できるっぽい)
2

4, 新規作成ボタンを押すか、既存の目標を編集すると、以下の画面になります。
a, 目標設定は「カスタム」を選択
b, 目標の説明はタイプを「目標」を選択して、説明文を書く
c, ココが一番大切!目標の詳細にサンクスページなどアクセスして欲しい目標URLを入力します。
URLの指定は「等しい」以外にも「先頭が一致」「正規表現」などで指定できます(^_^)/
※今回は単純にトップページ。
d, オプションですが、「値」に金額を入れると1アクセスあたりの金額を設定できます。自分で勝手に決めて計算するだけで、誰かからもらえる訳じゃない(^_^;)
※画面だと、1アクセス毎に10円が発生

e, こちらもオプションですが「目標到達プロセス」を設定しておくと、離脱率が測定できます。
フォーム1→フォーム2→確認ページ→サンクスページのURLを順番に指定しておきます。
「必須」にすると、そのルートを通らずに目標ページへのアクセスはカウントされませんので、基本的には「いいえ」にすべきです。

3

5, 以上で、コンバージョン(目標)を設定は完了です。アクセスが貯まるまで数日待ちます。

6, Google Analyticsのサイドバーから「コンバージョン」→「ゴールフロー」でルートが分かります。
4

“Google Analyticsで、特定のページ(サンクスページ)へのルート・コンバージョン率(離脱率)の調べ方。” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。