RaspberryPiでDropboxを使う!(残念ながらコマンドライン上でしか使えなかった…。)

RaspberryPiでDropboxを使う!(残念ながらコマンドライン上でしか使えなかった…。)

【参考URL】
Raspberry PiのRaspbianでDropbox-Uploaderをインストールして設定する(2013/09/28現在)

【前提】
RaspberryPiをサーバ的に常時起動させておいて、生成されたファイルをDropboxで同期。PCやスマホで見れたら素敵やん!という事で試してみました。
調査してみると、どうやらDropboxは、ARM系CPUでは動かないとの事。
※CPUの種類には、大別してIntel系(Windows,Mac)とARM系(スマホ、ラズパイ)があります。
スマホではDropBox使えるじゃん!と言いたいですが、厳密にはARM上で動くLinux版DropBoxのソフトウェアが提供されてないんですよね(^_^;)

さらに調べてみると、コマンドライン上から使えるDropbox用シェルスクリプトがあるみたいなので、試してみました。

【基本的な流れ】
1, シェルスクリプトを、ラズパイにダウンロードしてくる
git clone https://github.com/andreafabrizi/Dropbox-Uploader

2, Dropboxのホームページで、アプリ(接続許可設定)を作る
https://www.dropbox.com/developers/apps/
1

3, 実際にコマンドラインからファイルをアップロードしてみる。

【結論】
わりと簡単に実現できた。自動同期は出来ないけどcronやプログラミング等からアップロードすれば、実用上は問題ないかと。

“RaspberryPiでDropboxを使う!(残念ながらコマンドライン上でしか使えなかった…。)” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。