ビール作り、その2

ビール作り、その2


ビール作りのおおまかな流れ
1, ビールの素をお湯で溶かす
2, 冷まして、酵母を入れる
3, 数日、発酵させる
4, ビン詰め
5, 炭酸発酵! ←←← 今回はココまで!
6, さらに10日ほど熟成
7, 出来上がり!

あまりに暑いので、トチ狂って「手作りビールキット22DX(中瓶48本付)16,437円」をポチってしまった。
前回の仕込みから、100時間ほど放置したので、おそらく発酵は終了!(エアコンは30℃かけっぱなし!)
※本当は比重計で図るのだが面倒 & ちょっと飲んでみて甘くなければ完了の合図!
2015-08-06 20.23.50_R

主発酵が終わった状態を「若ビール」というらしいけど、時代劇の若様みたいな響き(^_^;)
味としては、ぬるくて炭酸の抜けたビール的な何か…。といった所。
2015-08-06 20.27.35_R

瓶詰めする前に、再発酵させるための原料として砂糖を100g強が必要。
密閉された状態で発酵が進むと、二酸化炭素がビールに溶け込んで炭酸飲料になります。
2015-08-06 20.32.50_R

本当は少量取り出して砂糖と混ぜ合わせると均一に混ざるけど、面倒なら直接でもOK!
2015-08-06 20.33.47_R

王冠と打栓機もアルコールスプレーで消毒して、雑菌が入り込まないようにする。
出来れば喋ったりしない方がいいみたい。
2015-08-06 22.07.00_R

タンクからビンにビールを詰め込み、ひたすら王冠をかぶせていく(ビンの内側も消毒!)
2015-08-06 22.07.01_R

40本近くあると、流石につかれる…。
炭酸の発酵具合を見るために、一本だけコーラのPETボトルを使う!
パンパンに張ってきたら、完了らしい。
2015-08-06 22.07.45_R

あとは5日で発酵完了。10日熟成すれば、冷やして飲めるらしい(^_^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。