ゲームマーケット2012秋の戦利品レビューその2「赤ずきんは眠らない」

ゲームマーケット2012秋の戦利品レビューその2「赤ずきんは眠らない」

童話の「赤ずきん」をモチーフにしたカードゲームです。TGGで入手!
分厚い本の形をした入れ物(箱)とリボンが印象的。作者さん曰く、雑貨屋で見つけて大量に仕入れたそうです(笑)
これまた「王さまのマカロン」と同様、女性受けが良さそうね。

説明書の他に、サマリー的なフローチャートも付属していてユーザーフレンドリー(^_^)/

一人が「はらぺこ狼」になって、それ以外の「赤ずきん(3点)」「おやぶた(2点)」「こぶた(1点)」を食べるのですが、トラップに引っかかると全ての得点相手の役割の点数分を失うという、あまり嬉しくない役回りです。まあ、食べられても全ての得点を失うのですが…。食べる事ができれば相手の役割の点数分を、相手から奪える(^_^;)
個人的には、ずっと「こぶた(1点)」で平穏な生活をしたいwww
食べられたり、トラップに掛かったプレイヤーが、次のターンの役割を決めれます。誰かが10点先取したら勝ち。

単純なルールだけど、配役による駆け引き・ブラフ、トップ叩き、得点によるプレイ時間のブレ無さ、とかなり良い感じのゲームでした。
強いて欠点を挙げると「ごきぶりポーカー」にありがちな、輪に入れないプレイヤーが出るかも?
(負け抜けじゃない&トップ叩きができるので、わりと大丈夫かな?)

“ゲームマーケット2012秋の戦利品レビューその2「赤ずきんは眠らない」” への4件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。