wordpressをhttps化した時にする事

wordpressをhttps化した時にする事

以下の4点をやっておけば大丈夫っぽい。

1, WordPressのURLを変更
管理画面から「設定 → 一般」で
a, WordPressアドレス(URL)
b, サイトアドレス(URL)
をhttp -> https に変更

2, プラグイン(Search Regex)で、過去の投稿を一括置換(1万ヶ所以上あった)
旧)http://www.messiahworks.com
新)https://www.messiahworks.com

3, .htaccessファイルを修正(httpでアクセスされたらhttpsにリダイレクト)

4, google analyticsの設定
左下の管理→プロパティ→プロパティ設定→デフォルトのURL
でhttpsのプルダウンに変更

参考URL

WordPressをhttpからhttpsにSSL化した全手順まとめ(エックスサーバー環境)

5, chrome拡張の設定によりhttpアクセスしている場合がある。
Webサーバ側ではなくブラウザ側の設定でhttp/https混在とURLバーに表示された。

Context Searchという選択テキストをamazonやwikipediaで検索してくれるchrome拡張が、httpアクセスだったため以下のようなエラーが出て、このサーバは安全ではない!と表示された。
chromeから削除したらエラーは出なくなった。こういう事もあるんだね

context_search.js:215 Mixed Content: The page at ‘https://www.messiahworks.com/comics/#’ was loaded over HTTPS, but requested an insecure image ‘http://www.google.com/favicon.ico’. This content should also be served over HTTPS.

6, amazon アフィリエイトのリンクが古い場合はHPPT接続だった(現在はHTTPSになっている)
2番と同様にプラグイン(Search Regex)で、過去の投稿を一括置換(http -> https)すれば、問題なく表示された。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。