選択テキストを右クリックしてTwitter検索するChrome拡張を作ってみた

選択テキストを右クリックしてTwitter検索するChrome拡張を作ってみた

もっとも単純なChrome拡張の作り方だと何の役にも立たないので
実用性のあるChrome拡張を作ってみた。
今回も必要なファイルは、2種類(マニュフェスト+JS)+各サイズのアイコン

前回のmanifest.jsonとの違いは
1, アイコンを指定
2, 右クリックメニュー(コンテキストメニュー)の使用許可
3, jsファイルの指定をbackground(content_scriptsだと使えないChrome APIのため)

background.js

ソースの説明
chrome.contextMenus.create = chromeの右クリックメニュー(コンテキストメニュー)の操作用インスタンス生成
title = コンテキストメニューに表示されるクリック用文字列
type = radioとかcheckboxとか色々あるけど、たたの文字列なのでnormal
contexts = 選択テキストの場合はselection、imageとかlinkとか右クリックする対象を選べる
“onclick”: function(info) = title文字列をクリックされた時の処理を書く
chrome.tabs.create = 新規タブを生成。urlを指定するとそのHPを開く

アイコンは適当に、http://www.twitlogo.com/ で文字列入力して、128*128にトリミングしただけ
アイコン無しでも動作に問題は無いけど、視認性が悪くなる。
同じディレクトリにアイコンファイルを配置するだけでOK

デベロッパーモードで使っていてもいいんだけど、chromeを起動する度に警告が出て来るのでウザい。
パッケージ化ってどうやるんだ?と思ったら、
「パッケージ化されていない拡張機能を読み込む」ボタンの隣にある「拡張機能のパッケージ化」ボタンを押してフォルダ指定するだけだった。
test.pem ←鍵ファイル(使わない)
test.crx ←これがパッケージ化されたchrome拡張ファイル。

chrome拡張管理ページ( chrome://extensions/ )にtest.crxをD&Dすればインストール完了。
簡単、簡単!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。