なるほど、やっと配当利回りの価値が分かった!

なるほど、やっと配当利回りの価値が分かった!
任天堂(7974)みたいに、1株辺りの配当(760円)が高くても、株価が高くて最低購入代金(100株で400万円以上!)がバカ高いと、利息となる配当利回り(1.89%)の価値が下がるのね…。
配当利回りという概念を導入すれば、全銘柄を「最低購入代金:配当の比率」で、比較できるから便利という訳か~。

じゃあ、出来るだけ最低購入代金が低くて、利回りが高い銘柄を探せば良いのか?
6810のマクセルホールディングス(株)が、驚異の配当利回り20%で、最低購入代金15万弱!
ブラジル国債利回りみたいに、なにかリスクないの?とググってみたら、

実は6月30日に株を持っている場合に特別配当をもらえるだけで、今現在買っても配当利回り2%くらいしかもらえないようです

との事。やっぱそうだよね…。
他の高配当な銘柄をみても、特別配当(特別なボーナス)ばかりだな…。

特別配当以外で一番配当利回りが高かったのは、7224:新明和工業で、100株12万3,700円で、8700円(配当利回り7.03%)戻ってくると考えるとイイね!
日本たばこ産業(JT)の予想配当利回りも6.9%か・・・って、これって株価が右肩下がりになっているから、相対的に配当利回り(配当÷株価)が、良く見えているだけ~!?
https://media.rakuten-sec.net/articles/-/23041

一年前に30万で買って、現在22万円に株価が下がっているんじゃ、配当で1.5万円(税金3千円だから1.2万円)もらっても、大損するだけじゃん!
やっぱり、そうそう上手くは行かないよな~。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。