369年も続いている「カレーの店タカサゴ」@毎日新聞の本社ビルで、生姜焼き(ポークソティー・ジャポネーズ)1000円を食らう。

369年も続いている「カレーの店タカサゴ」@毎日新聞の本社ビルで、生姜焼き(ポークソティー・ジャポネーズ)1000円を食らう。

369年も続いているのか…。見た目は昭和の喫茶店って感じだけど、スゴい歴史だ!
右下のデカいエビフライ1200円を食べたかったけど売り切れ~。
左下の生姜焼き(ポークソティー・ジャポネーズ)1000円を注文。

「キンキンに冷えてやがるっ・・・!」
ウォーターサーバーの水も良いけど、このステンレスのシズル感がたまらんね。

5分ほどで到着。冷めかけのスパゲッティの量が、付け合せと思えないくらい多い!
生姜焼きが熱々 & 最近では滅多に無い感じの脂感!
キャベツもシャキシャキで美味しいけど、ナイフとフォークしかない…。

「カレーの店タカサゴ」だけあって、カツカレーを頼んでいる人が多かった。
漬物も3種類あった。

毎日新聞の本社ビルであるパレスサイドビルディングは、新橋や有楽町みたいなおっさん向けビルなので、他にも色々な飲食店がある。
虎ノ門の再開発で失われた「おきらく食堂」のワンコインランチも生き残っている!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。