仮想通貨(モナコイン)をリアル実店舗(ベルギービール専門店サンタルヌー@赤坂)で支払いに使ってみた!

仮想通貨(モナコイン)をリアル実店舗(ベルギービール専門店サンタルヌー@赤坂)で支払いに使ってみた!

食べログのページは、まだ無いみたいなので公式HPを貼っておこう。
http://www.belgianbeer.tokyo/

元々は名古屋で営業していて、イーサリアムを用いたICOによる資金調達で昨年11月末に東京へ引っ越してきたらしい。
クラウドファンディングの次は、こういった資金調達が流行りそうだね。

4周年記念で、モナコイン支払いだと先着100グループに1モナ割引!

ちまちまマイニングしたbitzenyを、どうすればモナコインに両替できるのかな?
と調べてみると、クリプトブリッジという取引所で両替できた!
登録はメアドだけで簡単(強いパスワードを固定で渡される)

これでモナコインは手に入ったけど、このサイトはスマホchrome非対応らしい。
1モナ割引はMONAPPY支払限定らしいので、アカウントを作って送金。これで準備完了!

場所は、肉のハナマサのすぐ近く

道路の看板にも、ビットコイン・モナコイン・NEMのアイコンが書いてある

ほっともっとの2階へ行く階段を上がると・・・。

入り口にチャージ500円かかる旨が書かれた看板がある。
チャージがかかるバーとか久々に行くな・・・。

本日のおすすめ?的なビールが1~6番まで黒板に書かれている。
樽生かどうかは関係ないみたい。
手前は生ハムの塊です。

寒かったので、ホットビールにできる6番のリンデマンス・チェリー(800円、アルコール3%)を注文!
鍋に開けて加熱、甘酸っぱいハーブティーのような感じで良かった。

さすがにベルギービール専門店だけあって、ビールの数だけグラスが沢山!

ラクレットチーズ1800円と店長さんのオススメの5番のサンクーヤン・クリスマス(900円、アルコール9%)
ラクレットチーズは、塩分や脂質が多めなのでクラッカーがあると良いかも?

自分が入店した直後に4人組の団体客が入ってきて色々注文したので店長さんは料理にかかりっきり。入ったばっかりらしい新人バイト君が孤独のグルメでのアームロックばりに怒られていた…。

今回のお代は
チャージ 500円
リンデマンス・チェリー 800円
サンクーヤン・クリスマス 900円
ラクレットチーズ 1800円
の4000円に消費税320円を足して4320円。さすが赤坂、高い!
百飲なら4回くらい飲みに行けるな(^_^;)

お目当ての仮想通貨で支払いってどうやるのかというと
1, 日本円で金額を算出
2, 店長さんがスマホで1モナ何円か確認(1mona = 1001円だった)
3, 必要なモナ数を電卓で計算。4.315monaだったけど1mona割だったので3.315mona
4, MONAPPYのサイトにログインして、店長さんのIDと3.315monaを手入力して送信ボタンを押す(間違えると取り消せないから慎重に!)
5, MONAPPYのアカウント同士だと、メールやLINE並に即座に送金されるので、問題なければ支払い完了!

と、わりとアナログな感じだった。100グループ限定だけど自分が2番目らしい。

パソコンでマイニングした仮想通貨を、リアルの店で使うって変な感じ!?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。