laravel5.5多言語対応について調べてみた。

laravel5.5多言語対応について調べてみた。

laravelは最初からバリデーションの多言語対応はついている。
resouces/lang/en/validation.php ←←← 英語のバリデーション文字列を記述しておく
resouces/lang/ja/validation.php ←←← 日本語のバリデーション文字列を記述しておく

bladeでも、同様な感じで記述できる(message.php以外のファイル名でも良い)
resouces/lang/en/message.php ←←← 英語のbladeに表示する文字列を記述しておく
resouces/lang/ja/message.php ←←← 日本語のbladeに表示する文字列を記述しておく

bladeファイルでは、ファイル名.要素名で呼び出せる。

デフォルトの言語は config/app.phpで定義されている。

言語を切り替える時には、App::setLocale()を使う
http://example.com/lang/en

結論としては、resouces/lang/フォルダ以下に各言語のvalidation.phpやmessage.phpファイルを置いて、bladeで呼び出せばいい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。