javascriptで、kintoneのヘッダ部分に検索窓(フィールド固定)を付けてみた。

javascriptで、kintoneのヘッダ部分に検索窓(フィールド固定)を付けてみた。

kintoneでレコードを検索する場合、漏斗マークのアイコンをクリックしてフィールドを指定、条件などを入力していくのですが、問題点がいくつかあります。
1, 毎回いちいち指定するのが面倒(検索条件を保存したり、修正できたりは出来る)
2, 検索結果を表示すると、どんな条件で検索したか表示されない(漏斗マークのアイコンをクリックすれば、モーダル的に表示はされる)

単純な検索を何回もする場合には、結構な手間なのでフィールド決め打ちでJS機能追加してみた。

※kintoneでのレコード検索の注意点!!
1, 1文字では検索出来ない(最低でも2文字以上)
2, 英数字検索が単語単位(cyで、cybozeがヒットしない!)

https://help.cybozu.com/ja/k/user/search_details.html

1

URL内のクエリで、表示するレコードの条件を指定を参考にコーディングしてみたけど、order byが上手く動作しない。バグ?

“javascriptで、kintoneのヘッダ部分に検索窓(フィールド固定)を付けてみた。” への3件の返信

  1. はじめましてKintone初心者です。
    こちらの検索窓のjavascriptを拝見させて頂き、ぜひ検索窓を付けたいと思っています。
    そこでぜひご教授頂きたいのですが、
    検索キーワードを3つで作りたい時はどうしたらよろしいでしょうか?
    よろしくお願いいたします。

  2. 単純にキーワード2を追加したのと同じ感じで大丈夫だと思いますよ~。それともJSが分からないという事ですか?

  3. はじめして、私もkintone初心者です。
    検索する項目を一つ(会社Aのみ)にだけ絞ってこちらの実装をして、検索までは普通にできました。
    ただ、検索後にコンソールエラーで

    Uncaught URIError: URI malformed

    こちらが出てきます。

    自分の実装コードは以下です。↓
    // 設定値
    const FIELD_CODE1 = ‘small_classification’;
    const FIELD_CODE1_NAME = ‘レコード内検索’;

    // 一覧表示のタイミングで実行
    (function () {
    “use strict”;
    kintone.events.on(“app.record.index.show”, function (event) {
    // GET引数に格納された直前の検索キーワードを取得して再表示する
    var result = {};
    var query = window.location.search.substring( 7 ); // URL固定部分(?query=)は無視

    // フィールドコード名と検索キーワードに分割する
    for( var i = 0; i =0; i–) {
    aNode.removeChild(aNode.childNodes[i]);
    }
    var label = document.createElement(‘label’);
    label.appendChild(document.createTextNode(FIELD_CODE1_NAME));
    label.appendChild(document.createTextNode(‘ ‘));
    label.appendChild(search_word1);
    label.appendChild(document.createTextNode(‘ ‘));
    label.appendChild(search_button);
    kintone.app.getHeaderMenuSpaceElement().appendChild(label);

    return event;
    });
    })();

    どこが問題かわからないので、もしご存知だったら教えてください。宜しくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。