ギークハウスでテキサス・ホールデム(ポーカー)をやってきた!

近くのギークハウスで、10人位集まってテキサス・ホールデム(ポーカー)をプレイすると聞いて行ってきました!
テキサス・ホールデムは、以前に秋葉原のメイドカジノ、お台場のカジノ・ヴィーナスに行ったので、なんとなくルールは把握済み。
今回は、かなり本格的にルールを教えてもらったので、他のプレイヤーとの駆け引きが楽しめました。

簡単に言うと、手札2枚ずつ配られて、場に全員が共通で使える5枚のカードと、合計7枚を組み合わせて勝負するポーカーです。
賭けるタイミングは、2枚配られる時、場に3枚オープンされる時、4枚目がオープンされる時、5枚目がオープンされる時、の4回です。

良い手が出来そう!という時には多めに賭けて勝負に行き、ダメそうと思ったらさっさと降りるという感じのゲームです。
途中まで賭けていて降りるのは、精神衛生上よろしくないですが、損切りできないと後がキツいのでしょうがない。
ブラフ(はったり)ももちろんあるのですが、10人もいると誰かしら降りずに勝負してくるので、わりと難しいです(^_^;)
本気で勝ちに行くなら「エースと10以上の組み合わせじゃないなら、ひたすら降りろ!」という話だったので、最初の二枚だけ見て賭けないという事を繰り返したり…。

最初の勝ち抜けは、3回連続で役が出来たので勝利!
二回目は、一人になるまで延々と負け抜け。一番最初に負けちゃったので結構ヒマだった…。

“ギークハウスでテキサス・ホールデム(ポーカー)をやってきた!” への6件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。