Raspberry Pi type B+を買ってみた

Raspberry Pi type B+を買ってみた

Raspberry Piって何よ?って人は、過去記事を参照して下さい。
RaspberryPiについてのプレゼンテーション資料を作ってみた。

一番安いのはネット通販のrs-onlineですね。秋葉原のリアル店舗では、若松通商の方が最安値だったけど売り切れだった・・・。
しょうがないので、千石電商で購入!

店名 価格
書泉ブックタワー 5250円
千石電商 5250円
若松通商 4700円
rs-online 4400円(本体3,940円+送料460円)

1

microSDカードはclass10(10MB/sec保証)なら何でもいいと思うけど、自分はSanDiskのを使ってみた。
安さにつられてclass4(4MB/sec保証)を買っちゃダメですよ! OSをインストールするので、動作スピードにダイレクトに影響します。
http://www.toshiba.co.jp/p-media/sd/sd_speed_class_j.htm
2

箱の中身は、こんな感じで、本体・袋・一枚の紙しか入っていない。
th_3

microSDになったら完全に基板に隠れるかと思ったら、微妙に飛び出して見える(笑)
th_4

左がType A, 中央が今回買ったType B+, 右がType B
今買うなら、Type B+が一番オススメ!
th_5

やっぱり一番嬉しいのはUSB端子が2→4になった事ですね。
2個だとキーボードとマウスだけで埋まってしまうので、ほぼUSBが使えない感じだったから。
あんまり注目されていないけど、個人的にはLEDが小さい角型になったので、チカチカする感じが少なくなったのが良い。
th_6

OSインストールは、初めてnoobs形式でやってみた。

Downloads


ファイラーでコピーするだけなので非常に楽!
これからは、noobs形式だけで良い気がする(^_^;)

せっかくなの発売されたばかりの「オライリーのRaspberryPiクックブック」も買ってみた。
216レシピが乗っているとお買い得(とは言え、数稼ぎ的なレシピも多いけど・・・。)

“Raspberry Pi type B+を買ってみた” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。